記事一覧

天皇杯山口県予選 準々決勝

小野田の県立おのだサッカー交流公園まで行ってきました。

20080823-1

相手は東亜大学。去年も対戦し苦戦した相手。今年も徳山大学を
破っているので、油断は出来ない相手。

20080823-2

レノファのスタメンは多久島が外れ、変わりに光田が先発。
不慣れなクレーのグランド。海風も強く、条件はあまりよろしくないですね。

東亜大学は前からとにかくプレスをかけてきます。当たりも強く
レノファの信条のボールを動かすのも苦労。それでも個人技で
押し気味に展開するも、なかなかシュートまではいかない。
中盤でのパスミスが多かった。というか、東亜大学はしっかり
狙っていて、カウンターで攻勢をしかけていきます。
決定的な場面はそれほどでもなかったのですが。。

今日の試合、主審が試合をコントロールできていなかった。。
オフサイドの旗を見落とすは、ハンドの場面を2度も見落とすは、
小まめにファールを取りすぎて、レノファの選手もキレキレ(笑)
流してくれよー! という雄たけびが。。。(^^;
でもなぁ、、、 東亜大学は正直、汚いプレーが多かったけど
それ以外の場面でも主審はレノファ寄りの笛を吹いていたような。。。
それでもやりたいプレーが出来ず、次第にイライラ感がヒシヒシと
伝わってきます。
FK、CKも場面も数多くありながら、、 枠にいくシュートも
数少なく、、 

90分間終了で、即PK戦。
 
20080823-3

東亜大学 ○×○○○○
レノファ  ○○○×○×

レノファの5人目のミツ、GKに止められたもののやり直しに。
しかし東亜のGKはすでに歓喜の輪の中。。。
東亜大学の選手が「そんなに勝たせたくないんかなぁ」と言ってた。(笑)

いや、、確かに私もそう思ったけど。。。

東亜大学の6人目。レノファのGK澤野が止めたけど、、、 やり直し。
審判!! 帳尻あわせしてんじゃないよ! 

結局、最後はレノファの11番高杉が枠を左に外して終了。。

主審に対して、レノファも東亜大学も不信感ありありでしょうな。
そういった状況の中で、点が1点も取れなかった。。

負けるべきした負けたような。。去年の悪かった時のレノファを
思い出したなぁ。。。

これで天皇杯は終了。あとはリーグ戦に集中するしかありません。

残り3試合。2勝すれば、地域リーグ決定なのかな? 計算してないけど。
リーグに集中してもらいましょ!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

TOTAL(楽天+FC2)

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

検索フォーム