記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国リーグ 第18節 レノファ山口-佐川急便中国

4月17日に開幕した中国リーグもいよいよ最終節。
現在トップのレノファ山口と2位デッツォーラ島根の勝ち点の差は3。
今日の試合、レノファが敗れることがあれば、デッツォーラの逆転優勝の
可能性が大となることもあり、レノファの勝利を信じたサポーターが雨の中、
大挙千代田に押しかけました。アウェーでは恐らく過去最高じゃないかなぁ。。

レノファの今日の相手は因縁の相手と言いますか、、 最終節にはなぜか毎年
対戦する佐川急便中国。天皇杯以降、佐川の勢いはパッタリと止まってしまって
いますが、「レノファ相手には負けられない」という強い気持ちを持ったチーム。

20101003-1
本日のスタメン。 昨日と全く同じスタメン。。

開始から硬さはあまり感じられず、レノファがボールを支配。

20101003-2
そして前半5分。。 #16リューセイの裏へのパスが佐川DFへ。しかし
トラップミス。そのボールに反応した#8カシ。ダイレクトで左足ボレーを
ゴール右へ決めて先制!!

20101003-3
#8カシはほんと大事な試合で決めてくれる。。 凄いヤツ!!

先制するもレノファの攻撃は止まらず。

左にかけ上がった#9ヤスからのセンタリング。うまく相手のマークを外し
ゴール前でドフリーに状態になった#7コータ。。

20101003-4

叩きつけるヘディングを決め、前半8分で2-0とリードを広げます。
20101003-5

その後もレノファの攻勢が続きます。。 #16リューセイのFKはゴールポスト
直撃があったり、、  レノファはポスト、バーに当たる試合がほんと多い!
当てる方が難しいと思うんですが…

佐川も反撃をしてきますが、うまく連携が出来ていない印象。。 レノファが
ボールをもった時のチェックもそんなに厳しくないし、、、

前半は2-0のスコアのまま折り返し。。。決して安心は出来ない点差ですが、
3点取られなければいいわけで、 
ハーフタイムの月岡監督「まだ何も手にしてないぞ。。。」
そう、、まだ残り45分。まだまだわからない。。

後半から#16リューセイに変わり#29ミツが投入。。リューセイはイエロー
を前半にもらって、更に注意を受けてたので、やむを得ないか。。

後半はほぼ互角の戦いとなります。
後半14分、右サイドに流れたボールにセンタリングをあげられ、佐川#18
佐伯@山口市出身に頭で決められてしまいます。。 これで1-2。

レノファは守りに入らず、次の1点を取りに行きます。
CK、FKと立て続けにチャンスを掴むものの、あとわずかで入らず。。
佐川も負けずに反撃。。 決定的ピンチも枠外だったり、、 もぅ… 冷や冷や。

2-1とリードのまま、後半も40分を過ぎ、佐川の怒涛の反撃が始まります。
何度も跳ね返し、それでもボールを奪われ。。。 佐川は全員攻撃。
レノファは全員守備。。 心臓に悪い状態が続きます。

後半ロスタイム。佐川CKをレノファGK#34ニシカワがパンチング。
そのボールを#9ヤスが競り勝ち、前へ走る#8カシでパス。

20101003-6

全員攻撃の佐川、DF誰もいない! 佐川GKも慌てて戻る。。

20101003-7
#8カシからパスを受けた#7コータが、GKをかわして、無人のゴールへ。。

決定的な3点目。。 観客席もこのときは大歓声!! 

その後、すぐに試合終了の笛。。 3-1でレノファ山口が勝利。。
2年ぶりに中国リーグ優勝を決めました。

20101003-8
勝利のバンザイ。。 なぜか#29ミツが前に。 で、やっぱり脱いだ(笑)

宮成GMの胴上げのあと、月岡監督の胴上げ。。

20101003-9

今年の中国リーグ優勝、、 2年前の優勝とは大違い。。 今年は強敵揃い
でしたから、とても価値があると思います。
去年勝てなかった佐川に連勝、 大補強し生まれ変わったデッツォーラ島根の
後半戦の勢い。。 すべてJリーガーのファジアーノ岡山ネクスト。。
前半のヴォラドールの躍進。。(レノファが原因だけど…)

1年通して安定した戦いが出来たのが勝因じゃないでしょうか。。

これで、地域決勝確定。やっとスタートラインです。

次は2週間後の全国社会人、、 少し安心して応援できますね。。。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

TOTAL(楽天+FC2)

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。