記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012中国リーグ第7節 レノファ山口-NTN岡山

先週に引き続きホーム開催のレノファ。今日は維新公園のラグビーサッカー場です。

相手はNTN岡山。今までレノファは負けたことがない相手ですが、快勝した記憶がない。。
と言うか勝っても大苦戦してばかり。昨年は痛すぎる引き分けがありましたし、決して
楽観はできない相手。

何より、私個人的にはレノファ以外で一番好きな選手「NTN10番 上田」のプレーは
見ていて惚れ惚れ。昨年はケガで1年を棒にふりましたが、今年は心期しているんじゃ
ないかと。


  • 1MVI_5773.jpg


開場時間前、スタッフのイシが登場。サポーターは石原チャントでお出迎えです。


  • 2IMG_5786.jpg

本日のスタメン  GKは初登場#20ユーマ 

試合開始からレノファは攻勢にできす。


  • 3MVI_5800.jpg

スローインからそのまま左サイドを#9ドフンが突破。タッチラインぎりぎりで
中に折り返し
#5ショウゴがシュート。しかしNTNのGKに弾かれます。


  • 4MVI_5800.jpg

しかしそこに詰めていた#10コータ。コータの3試合連続先制弾でレノファが
早い時間に
リードを奪います。


しかしその後もチャンスを掴むものの得点を奪えないレノファ。逆にNTNに何度も
逆襲を食らう場面も。


後半開始から#11シュンスケが登場。

  • 5MI_5839.jpg

後半開始のキックオフから8秒後。#11シュンスケのファールでいきなりのイエロー。
自己の持つ最短イエロー記録を大幅に更新。(-_-;


  • 6MVI_5861.jpg

後半20分。#9ドフンが一発レッドカードで退場処分に。ボールと関係ないところでの
プレーだったので何がおこったのかわからなかったけど、ジェスチャーからして
肘打ちっぽい。。

1-0とリードしながらその後のチャンスをものに出来ずに1人少ない状況になったレノファ。
しかしNTNの攻勢を何とか持ちこたえます。

そして後半もロスタイム。ロスタイムももう終わりかなという状況で中盤でボールを
NTNに奪われ、中に入れられ・・・

  • 7MVI_5887.jpg

NTNの9番がヘッドで同点ゴール。
1100人の観客は静まり返り、NTNの選手の喜びの声だけが響き渡ります。


そしてそのまま試合終了の笛。。

土壇場で勝ち点2が取りこぼしてしまう最悪の結末となりました。


  • 8MVI_5887.jpg

当然ブーイング。。

河村監督はサポーターに一番近い所で頭を下げたこの光景。
今までなかったことです。

  • 9MVI_5893.jpg

各テレビ局の報道陣が集まりインタビュー待ち。KRYの竹重アナもTYSの柳田アナも
がっかり。。


痛すぎる引き分けですが、今日の結果はまさかではなく、必然だったような気がします。

1人退場者を出して1-0とリードした展開。残り時間はロスタイムのみ。
ピッチに立っていた選手の意思統一は出来ていたのか?
サイドをかけあがって、難しい体制で無理やりセンタリングをあげる必要ってある?
「今何をすべきなのか」「何が最善のプレーなのか」
周りの選手がしっかり声を出して指示できていたのか?

これで、レノファは残り11試合を全勝するしかなくなりました。
自力優勝はまだ可能性があります。

しかし現状では浜田で引導を渡される可能性が大きい。。

今日の試合後、危機感が伝わってこなかったのが残念です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

TOTAL(楽天+FC2)

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。