記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013中国リーグ第18節 デッツォーラ島根-ファジアーノ岡山ネクスト

いよいよ中国リーグも最終節。

レノファの試合の1つ前に優勝決定戦の位置づけとなったデッツォーラとネクスファジの
大一番が行われました。


試合は前半は一進一退。お互いにゴール前までボールを持ち込む場面も多く
なかなかスリリングな展開。

しかしデッツォーラのスピードが落ちてきた30分すぎからはネクスファジがやや優勢な
展開となりました。

前半は0-0で折り返した試合、試合が動いたのは後半34分。
ネクスファジの右からのCK。

  • 1-20130922142329(1).jpg

ネクスファジのキャプテン #31西原が地面に叩きつけるヘッド
 
 
  • 2-20130922142329(2).jpg

ワンバウンドしたボールはゴールクロスバーの下部に当たって跳ね返ると、
 
 
  • 3-20130922142329(3).jpg

ジャンプしていたデッツォーラの選手の頭に跳ね返ったボールが当たり、
 
 
  • 4-20130922142329(4).jpg

頭に当たったボールはゴールネットを揺らしネクスファジが先制。

デッツォーラにとっては不運としか言いようがない。。
 
 
  • 5-20130922142329(5).jpg

ゴールを決めた#31西原はネクスファジのサポーター席へ!
(遅延行為でイエローをもらってましたがあれは仕方ないか)
 
 
 
その後、前掛かりになったデッツォーラからもう1点を追加したネクスファジ。
2-0とデッツォーラを下し、2013年シーズンの中国リーグ初優勝を決めました。
 

 
  • 6-20130922144005(1).jpg

試合後デッツォーラのベンチで挨拶をするネクスファジの選手。優勝を決めても大喜びすることなく、
最後まで紳士的な振る舞い。


今期はレノファが出足でつまずいたこともあり、デッツォーラがダントツで優勝かと
思われたシーズンでしたが、8月、9月と急に調子を落としたデッツォーラ。
シーズンを通して安定していたネクスファジが優勝したのも今となっては必然だったのかも
しれません。
デッツォーラとしても、調子のよかった4月~6月にネクスファジと対戦していたら
違った結果になっていたと思います。

レノファはシーズン序盤の取りこぼしがねぇ。。。
デッツォーラ、ネクスファジと1勝1敗ずつだっただけに他のチームに取りこぼしてしまったその差が
そのまま順位に反映してしまいました。 


ネクスファジの関係者&サポーターの皆さん、おめでとうございました。



スポンサーサイト

TOTAL(楽天+FC2)

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。