記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JFL チャンピオンシップ 第2戦 佐川印刷京都-HONDA FC

今年から2ステージ制となったJFL。チャンピオンシップの第2戦が京都・西京極で開催と
言うことで、見に行ってきました。
今年1年お世話になったJFL。やっぱりシーズン最後を見届けたかったという気持ちがあった
のが本音です。


  • 1-DSC01533.JPG

個人的には17年ぶりぐらいに西京極に。京都パープルサンガ-清水エスパルス戦を見たなぁ。


心配された雨もキックオフ3時間前にあがり曇天。
照明塔も半分点灯されました。

第1戦は2-2で引き分けたので、この試合に勝利した方が年間王者となります。



  • 2-20141129125823(1).jpg

佐川印刷京都スタメン


  • 3-20141129125823(2).jpg

HONDAスタメン


前半風下のホンダのキックオフで試合開始。


  • 4-20141129130551(1).jpg

前半5分 佐川印刷の新人19番堀川のゴールで第1戦に続いて佐川印刷が先制!



  • 5-20141129133903(1).jpg

前半37分 ホンダ15番原田が直接フリーキックで決めて1-1の同点


第1戦同様、お互い譲らず。
後半はホンダが風上。しかし前半ほどは風は弱くなってきました。
そして曇天だった上空は青空に。 照明も消灯!



  • 6-20141129140918(1).jpg

後半7分 佐川印刷が早いチェックでインターセプト ゴール前でパスを繋ぎ、最後は15番
佐藤が決めて2-1と勝ち越しゴール。


ホンダはボールの取られ方がまずく、尾をひきそうな失点に思いました。


ホンダは後半27分にゴールを決めた#15佐藤に変わり、第1戦でもゴールを決めた#11細貝
を投入。
ホンダの攻撃がここからかみ合って攻め込む場面が増えてきます。
佐川印刷はカウンター気味に前線19番堀川にボールを預けて攻め込む場面も。
次の1点をどっちがとるかが勝負の分かれ目に。


  • 7-20141129143652(1).jpg

後半35分 自陣からホンダには珍しく佐川印刷の裏へのパス。途中投入の#11細貝が
オフサイドラインギリギリでとびだし、そのままダイレクトでシュート。
2-2の同点に追い付きます。


その後もホンダの猛攻。決定的チャンスがクロスバーに当たる場面もありましたが、流れを
変えることなくパスを繋いで攻め込みます。


  • 8-20141129144330(1).jpg

後半41分 右サイドから#11細貝のセンタリングに#20栗本のヘッド
放物線を描いたボールはゴール右に吸い込まれてホンダがついに逆転


  • 9-20141129144330(1).jpg

ベンチメンバーを含めてもみくちゃ。



アディショナルタイム3分、最後の佐川印刷のフリーキックも跳ね返され、そのまま試合終了。

HONDA FCが6年ぶりにJFL優勝を決めました。



  • 10-20141129150022(1).jpg

優勝カップ授与



  • 11-20141129150022(2).jpg





ホンダの優勝セレモニーを見守る佐川印刷。ホンダのセレモニーが一通り終わったところで
佐川印刷の最終戦のセレモニーが開催。
そして引退する#8大槻の引退セレモニー。


  • 12-DSC01553.JPG


こういう引退セレモニー レノファでは経験したことがないので、うらやましくなぁ。



今シーズンのJFLはすべて終了。来週、東京で表彰式があるそうです。
毎年、得点王の表彰、新人賞、ベストイレブンなどが発表されています。
レノファから得点王の岸田以外に選ばれる人がいるのか。 楽しみにしたいと思います。





スポンサーサイト

TOTAL(楽天+FC2)

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。