記事一覧

明治安田生命J2 第10節 FC岐阜-レノファ山口

ゴールデンウィーク初日。今年のゴールデンウィークのレノファ山口のアウェイゲームは
この岐阜県での1試合のみ。

高速道路で8時間。 岐阜メモリアルパークにある長良川競技場へやってきました。
(昨年は三ツ沢へ下道で29時間。片道8時間が近く感じます。麻痺してるなぁ)



1-DSC02888 (1)
天気はいいものの、冬型の気圧配置ということもあって風がとてつもなく強い。
正午現在で北西の風が風速10m/s以上の風。 これは厳しい。



2-20160429133639 (1)
試合前のファンサービス。ビジョンに映し出された庄司ゲーフラを持ったレノファサポーター。
いい記念ですね!



3-20160429140508 (1)
本日のスタメン    今節も一緒。



3-DSC02899.jpg
FC岐阜の監督はラモス。
読売クラブ時代から見てきた私にとっては感慨深いっす。 



3-20160429142246(1).jpg
前半18分 レノファのコーナーキックを蹴るのは#29三幸。 風が強くコントロールが難しい。


4-20160429143325 (1)
前半23分  コーナーキックがゴールポスト直撃。跳ね返りがFC岐阜の#27苅部の頭に
当たりゴールに吸い込まれます。

これは事故と言ってもいいレベル。


5--20160429143325 (2)
ゴールが決まった後にゴール内で岐阜の選手に削られる#19星。 これは酷い。


前半風下のレノファでしたが、パスが思う通り通らず。再三岐阜の攻撃を受ける羽目に。



6-DSC02903 (1)
山の上には岐阜城。どうやってあんな山のてっぺんに城を築いたのか。昔の人は凄いなぁと
感心したハーフタイム。




6-20160429152012 (1)
後半、ラモス監督から直接ボールを受け取る#4小池。


7-20160429152346 (1)
後半11分 レノファのコーナーキックのこぼれ球を#33北谷がシュート


8-20160429152346 (1)
フワリとゴールバーに触れるもそのままゴールに吸い込まれレノファが同点に追いつきます。

北谷はJリーグ初ゴール!


その後もお互いが決定機を逃し、このまま引き分けでも御の字かと思われましたが後半38分。


9-20160429154820 (2)
中盤でボールを奪ったレノファは左サイドの#26香川へ。 相手DFをかわしてのクロスボールに
#32中山のジャンピングボレー。


10-20160429154820 (1)
ゴールが決まった直後すぐにサポーター席の前へ。
サポーターの心は中山に奪われました。(笑)



岐阜サポーターからすれば主審に対してかなりの不信感をもったゲームだったと思います。
レノファ側から見ても「あれ?」というのは正直ありましたが、明らかなファールでもブーイングを
してたらそりゃ主審だって人の子。
主審に対してのブーイングよりも、選手に対して鼓舞するのがサポーターなんじゃないでしょうか。
レノファのサポーターにも一部そういう人はいますが、大方のサポーターは分かっていると思います。




そのまま試合は2-1でレノファが今季初の逆転勝ち。
アウェーの地で貴重な勝ち点3をゲットしました。


11-20160429160349 (1)
ヤマグチ一番!  #32中山の独り舞台!



15-DSC02909.jpg

岐阜という地に通過することはありましたが、目的地として訪れたのは初めてでした。

これもすべてサッカーのおかげ。



スポンサーサイト

TOTAL(楽天+FC2)

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

検索フォーム