記事一覧

明治安田生命J2 第11節 レノファ山口-ザスパクサツ群馬

前夜からの強風から朝には雨が降り出し、風がさらに強くなった5月3日。

暴風警報に大雨洪水雷など注意報のオンパレードのなか、ホームの維新公園にザスパを迎えての一戦。


試合の開催が危ぶまれる中、半ば強引に開催を決行した感じでした。

4月29日の岐阜の風もすごかったですが、今回は風プラス雨。 
ピッチ内看板はすべて撤去。 横断幕、旗もすべて今日の試合はナシ。

グルメガーデンもなし。 お店は食材などの損が出てると思うとサポーターながら申し訳なく思います。

維新のメインスタンドは屋根がありますが、構造上雨が降りこんできて雨具が必須。
公共交通機関が運休が出始めたりしていたのに結局のところは
観戦者の安全は無視された形に。
開催の最終決断者はマッチコミッショナー。何かおきた場合に責任はとれたんでしょうか?
悪く言われるのはチーム側なんですよ。

1-DSC02913 (1)

ザスパクサツ群馬。J2の大先輩であります。




2-20160503125900 (1)
試合前の円陣を組むザスパサポーター。今季はアウェーでの勝利がないらしく、今回こその気迫を感じます。




3-20160503130603 (1)
今日のスタメン。 #11鳥養が第2節以来のスタメン復帰!


試合前から横殴りの雨が降りしきる中、維新の芝もみるみる水たまりが目立つように。

これじゃパスサッカーは出来ないな~

4-20160503133256 (1)
前半29分 ザスパのコーナーキック。こういうグランド状態ではセットプレーは特に危険。
コーナーキックを頭で合わされるも、#33北谷が肩でブロック。こぼれ球も足で防いでピンチを逃れます。


水たまりサッカーで両チームとも本来のサッカーとは程遠い。

前半は押し気味ながら0-0で終了。




後半立ち上がり、中盤でボールを奪ったレノファは前のスペースへ走る#8島屋へ。 左へ流れる#10庄司にパスをし、
庄司が中へ折り返し。

5-20160503141329 (1)
相手DFに先に触られるも何せ水たまり。ボールをコントロールできず。 こぼれたボールに反応した#32中山の左足で
レノファが先制。 

6-20160503141329 (1)
こういう試合は先制点が大事!  にしてもパスサッカーの片鱗を見せたこの場面。ナイスゴールでした。



7-DSC02921 (1)
こんな悪天候にも関わらず、観客は4332人。 

3ケタの観客で、J2の最低記録をつくるかもと試合前にサポ仲間と話していたものですから正直驚きました。



8-20160503144626 (1)
(ピントがあわない・・・)
後半35分  途中交代で出場の#17加藤大樹。 #32中山からのボールを受けボールをうまくコントロール。
落ち着いてゴールネットに蹴りこんで貴重な追加点!



9-20160503144626 (1)
岐阜戦に続いての途中出場でしたが、待望の初ゴール。
SP京都(佐川印刷)関係者も喜んでるだろうな。



10-20160503145545 (1)
#10庄司の初ゴールかと思われたシーン。 シュートは枠を大きく外れます。
こういう試合なら初ゴールもありえるかもと思ったんですが残念。


11-20160503150218 (1)
ザスパも外国人選手を続々投入しパワープレーに。
危ういシーンでしたがシュートはボールの上っ面を蹴ってしまいレノファDF陣が跳ね返します。



そのまま試合は2-0でレノファが勝利。 初の3連勝となりました。




12-20160503150218 (1)
バックスタンドからゴール裏へ挨拶に向かう選手たち。向かい風+豪雨でまともに正面を向いて歩けません。



13-20160503150218 (1)
悪天候の中ゴール裏に集まったサポーターとヤマグチ一番!



14-DSC02923 (1)


水たまりサッカーは何がおこるか分からない。そんな中でもしっかり勝ち点3を積み上げたところは評価できると
思います。 

屋根の下での観戦でしたが試合中も結構な大雨が降り続き、試合が終わるころには靴の中までびっしゃり。



この勝利をひそかに安堵しているのがスカパーの実況を担当したKRYの竹重アナウンサーかな?
今季実況初勝利、おめでとうございました。
(試合前に嫌なプレッシャーかけてごめんなさいね~ 笑)


スポンサーサイト

TOTAL(楽天+FC2)

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

検索フォーム