記事一覧

日本クラブユースサッカー選手権 中国予選 レノファ山口U18-ファジアーノ岡山U-18

6月17日のクラブユース選手権の中国予選決勝大会が行われました。

レノファは参加して初の勝利を先週あげ、なおかつ初のホーム開催。
全国のキップまであと1勝。 期待が高まります。

今年の春に新しくオープンしたながとスポーツ公園。 真新しいグランドですが、炎天下で観客はネットの外。
日陰も皆無で、観戦するにもカメラで撮影するにも不向き。 



1-20170617131531 (1)
本日のスタメン  キャプテンの#6レンくんはトップチームの金沢遠征には同行しなかったもよう。
まぁ、当然ですな。 今年の目標の一つの大一番だし。

前半から守備的なレノファ。 ファジアーノにポゼッションされるもシュートシーンは少なく、安定した戦い方。
数少ないチャンスを狙っていきます。


2-20170617135006 (1)

#17タクミにボールが渡るもフィニッシュできず。。


しかし先制点はミスからの失点。

3-20170617140053 (1)
ファジアーノのコーナーキック。 GK#20ダイチのパンチングはヒットせず、#10ミサキの前にこぼれるも
クリアがまさかの空振り。  そこに走りこまれてシュートを打たれて失点。

かぶっていた帽子を叩きつけて悔しがる元気監督。  絶対にあげてはならない先制点を許してしまいました。


前半0-1で折り返し。 なんとか次の1点を取らなければならない戦況に。


4-20170617142557 (1)
#6レンのフリーキックにつぶされながらも#9コウキのヘディング。 しかし枠外。



5-20170617143726 (1)
クロスボールを放り込まれてはじき返すも、遠い位置からミドルを打たれるとゴール右隅に決まり失点。

痛すぎる2失点。


プランの崩れたレノファ、人数をかけて攻めまくります。  そしてカウンターをくらう。。。

そんなことが繰り返され、終わってみれば0-4。  

完敗でした。



6-20170617150941 (1)

同時刻に行われたサンフレッチェとガイナーレは1-0でサンフレッチェの勝利。
結果的に引き分けでもOKだったわけですが、こればかりは仕方がない。。

レノファ、ガイナーレ、ファジアーノの3チームが1勝2敗で並びましたが、得失点差でレノファは3位ということに。

残るはユースリーグ、そしてJユースの大会のみになってしまいました。

ユースリーグももう1つも負けられない戦いが続きます。

踏ん張り切れるか。。



日本クラブユース選手権中国予選の概要
1次予選 (6チーム)
 Burillo東広島FCU-18   FCヴァエル湯梨浜   アクート岡山  
 ガイナーレ鳥取B   ファジアーノ岡山B     レノファ山口B

 6チームを2ブロックに分けてリーグ戦。 同順位同士でもう1試合を戦い、1~6位を決める。

2次予選
 1次予選の1位と前年の決勝大会で4位のチームが対戦、勝った方が決勝大会に進出。
 ただし、 ガイナーレ鳥取B  ファジアーノ岡山B  レノファ山口Bの3チーム 何れかが1次予選で1位になった場合は
 2次予選は行われない。 前年4位のチームが決勝ラウンドへ進出。

決勝大会
 前年の大会の上位3チームと2次予選を勝ち抜いたチーム 計4チームでリーグ戦。
 上位2チームが全国大会へ出場。


スポンサーサイト

TOTAL(楽天+FC2)

オンラインアクセス

現在の閲覧者数:

検索フォーム